足場が解体されて完成した建物が見える瞬間が今でも大好きなんです。/ 一級施工管理技士 竹内 洸一 インタビュー

建てる・繋げるstory
建築に関わる様々な方に、お仕事や建築、まちについての思いをインタビュー。第3回目は大鏡建設株式会社 計画推進部部長の竹内洸一さんです。

― 簡単なプロフィールを教えてください。

1961年生まれ、千葉県勝浦市出身です。高校卒業まで勝浦におりまして、東京の建築専門学校に進学、卒業後、横浜の建設会社に就職しました。仕事は現場監督でした。横浜市のスポーツセンターや庁舎、山下公園の一角にある休憩所のような建物など、主に公共工事の現場を担当しました。

― この仕事を選んだきっかけはなんですか?

父親が木造建築の大工だったんです。小学生のときに自宅を建て替えたのですが、そのときに見た父の姿がかっこよくて。小学校3~4年の頃には大工さんになるんだと思っていました。かんなを使って木を削るときに、薄い鰹節みたいなのが出ますよね。あれも遊び道具でしたから、小さいときから木にずっと馴染んでいたんです。

― なぜ大鏡建設に入社したのですか?

横浜の会社に約20年いました。40歳ぐらいの頃、家内と沖縄に旅行に来たんです。石垣島に行ったのですが、そこで見た海に感動したんですね。生まれ育った勝浦の記憶が蘇ってきたんです。そもそも家内が沖縄好きだったこともあり、いつかは沖縄に移住したいと言ってたんです。

定年後かな、と思っていたのですが、その年齢だと遊べないじゃないですか。子供もまだ小さかったので、仕事も決めず住まいだけ決めて、2003年移住しました。その後、ハローワークに行ってみたところ、大鏡建設の求人があったので応募して入社しました。もう16年目になります。

足場が解体されて完成した建物が見える瞬間が今でも大好きなんです。/ 一級建築施工管理技士 竹内 洸一 インタビュー

― 普段はどんなお仕事をなさっているんですか?

4年ぐらい前に新しい部署として計画推進部が設立されて、立ち上げから部長として携わっています。予算見積もりの積算をしたり、利益が出るか赤字になるかシビアに判断する部署です。この計算を見誤ると会社全体の利益が無くなってしまいます。

さらに、コストを落とすため、またお客様のリクエストにお応えする際、工法や材料でふさわしいものがないか、どうすれば改善できるかなど、技術的な提案もおこなっています。

24歳の頃に志願した施工図の仕事。そこで得たやりがいや自信が今に繋がっている

― これまでのお仕事でターニングポイントになったこと、印象に残っていることはありますか?

24歳ぐらいの頃、横浜市の公共工事に関する施工図を描く仕事があったんです。その頃はまだまだ雑用ばかりだったのですが、とにかく責任ある仕事がやりたかったので志願しました。当然、能力が追いついていないので、1年半ぐらい、ほぼ毎日夜中12時まで残業していました。

でもそうなると、図面のことも物件のことも一番知っているのは私になりますよね。なので、職人さんもどんどん聞いてくるようになって、二週間に1回しか休みがなかったのですが、とてもやりがいがありました。長い時間をかけて完成した建物から足場が解体されて、姿が見える瞬間、なんとも言えない気持ちになりました。今でもその瞬間が大好きなんです。

― 沖縄に来て感じたカルチャーショックはありますか?

やっぱり『人』ですね。職人さんの気質が違うんです。例えば内地の職人さんの場合、彼らの作業場所は、前もって片付けや掃除をきちんとやっておかないと「自分の作業ができない」と帰ってしまうこともあり、現場も『プロが集う場』というか、ピリピリしていました。でもその分、工期を何が何でも絶対に守るんだという意識があります。そのためには夜間作業なども辞さないんです。

一方、沖縄の職人さんは、「片付けてあげるよ」「手伝うよ」と、みんなが協力し合うんです。いい環境だなぁと思いました。

足場が解体されて完成した建物が見える瞬間が今でも大好きなんです。/ 一級建築施工管理技士 竹内 洸一 インタビュー

― 仕事の中でどんな作業が好きですか?

新しいことを考えることが好きです。コストを落とすにはどうすればいいか、クレームをどうすれば減らせるか、改善出来るかなどに没頭してみたいですね。

― 仕事に対して大切にしていることを教えてください。

絶対に中途半端に仕事をしない、そして現状に満足しないということです。自分ができることを一生懸命、真剣に取り組むことが大事だと思っています。

レザー、木工、料理など、なんでも自分で作るのが大好き。最終的には自宅を自分で建ててみたい

足場が解体されて完成した建物が見える瞬間が今でも大好きなんです。/ 一級建築施工管理技士 竹内 洸一 インタビュー

竹内さん手作り オリジナルの革製のカード入れ。手持ちのカード類がぴったり入るように、そしてパンツのポケットにスマートに入れられるよう綿密に設計されています。数枚のお札も入るそう。

― 好きな建物を建ててよい、と言われたらどんな建物を建ててみたいですか?

もう一度、工夫を凝らした自分の家を作りたいですね。今の自宅は自分で設計して建ててもらったのですが、一部は自分でもやりたいので、業者さんに「ここは自分でやりたいから残しといて」と言い、棚の加工や塗装、駐車場の壁の塗装は自分でやりました。とにかく、なんでも自分で作るのが好きなんです。レザークラフト、子供の机、料理、釣り道具など、できる限り自分で作っています。『作る工程』が好き、特に構想を練っている時が私にとっては至福の時間です。

竹内 洸一 kouichi takeuchi

一級建築施工管理技士
1961年生まれ、千葉県勝浦市出身
大鏡建設株式会社 計画推進部 部長
https://daikyo-k.net/